DSP広告のメリットとデメリットとは

お役立ち情報ブログ

web広告業界で注目を集めるDSP広告。多くの企業が、新たな広告配信方法として導入し、最適化された広告によって成果を得ています。DSPとは何か、どういった仕組みで、どのような場合に広告が配信されているのかを解説し、DSP広告のメリットとデメリットについてご紹介します。

DSP広告とは


ツールとしてのDSP

DSPは「デマンドサイドプラットフォーム(Demand-Side Platform)」の略であり、直訳すると「需要側のプラットフォーム」を意味します。ここでいう需要側とは、広告を見る人という意味ではなく、広告主になります。また、サプライサイド(供給側)とは、広告を掲載するメディアです。
つまりDSPとは、広告主のために広告の最適化を行い、費用対効果の最大化を図るツールまたはサービスのことです。DSP広告とはDSPによって配信された広告枠や、DSPによって広告が配信されることそのものを意味します。

DSP広告の仕組み

DSPでは「RTB(Real-Time Bidding)」という入札方式が採用されています。RTBでは、次のような流れで1インプレッションごとに入札が行われています。

 1.ユーザーがサイトにアクセス(インプレッション)

 2.サプライサイドプラットフォーム(SSP)へ通知

 3.SSPから複数のDSPへ入札を行うかどうかのリクエスト

 4.DSPはリクエストに応じ広告を選定

 5.DSPからSSPへ選定した広告と入札額を通知

 6.各DSPから届いた入札通知の中から、SSPが広告を選定(落札)

 7.SSPは広告の情報をメディアへ通知

 8.広告掲載

実際には上記の一連の流れが0.1秒以内に行われ、メディアを見ているユーザーにとって、瞬時に広告が表示されます。DSP、SSP双方が、ユーザーの行動履歴や嗜好性などの情報から広告の最適化を行い、広告の費用対効果を上げる仕組みになっています。

主要なDSP

国内の主要なDSPの例として、次のようなサービスがあります。

  • ScaleOut Ads Platform( スーパーシップ )

  • FreakOut(フリークアウト)

  • MicroAd BLADE(マイクロアド)

  • Logicad(ソネット・メディア・ネットワークス)

  • 楽天DSP(楽天)

  • Geniee(ジーニー)

これらはほんの一部であり、ほかにも多数のDSPが国内外に存在します。DSPはそれぞれ異なる配信アルゴリズムを持ち、広告最適化のためのターゲティング方法に違いがあります。DSPを選ぶ際には、どのような特徴があり、どのような独自サービスを提供しているのかを見極め、自社(広告主)にとっても最もメリットの大きいサービスを選ぶようにしましょう。

DSP広告のメリット


瞬時に入札方式により広告が選定されるDSP広告を使うことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

「誰に出すか」を重視した広告

DSPは特定のwebサイトや広告枠に配信されるのではなく、複数のネットワークにおいて、ユーザーのデータを元に、配信される広告が選ばれます。その選定には、性別、年齢、地域などの基本情報と、検索履歴、行動履歴などの興味関心データが使われます。ユーザーデータにより最適化された広告が配信されるため、「誰に出すか」という観点を重視した、枠や場所ではなくユーザーに向けての広告を出すことができます。

高度な広告効果最適化エンジン

DSP広告は、DSPの最適化エンジンにより膨大な量のデータを解析し、最適と判断された広告が一瞬で自動的に選択されます。これは手動による広告配信では到底不可能です。この「最適化」「一瞬」「自動的」という仕組みは、広告効果の追求という面で計り知れないメリットとなっています。

広告主のニーズに合わせた柔軟な配信

複数のネットワークを横断して広告を配信できるという点も、DSP広告のメリットとしてあげられます。特定の期間のみ入札額を上げる、類似の行動をするユーザーをターゲティングに含める、特定ジャンルの媒体に絞って配信する、といった細かい設定が可能なDSPも存在します。このようにDSP広告は、より広告主のニーズに合わせた広告配信ができるという特徴を持ちます。

DSP広告のデメリット


それではDSPのデメリットはどんなことでしょうか。多くのメリットがあるDSPにも、まだ解決すべき課題があります。この点も理解してDSPを選定し、より高い費用対効果を生み出しましょう。

広告の配信先はわからない

一部のDSPであれば掲載先が開示されますが、DSPによっては、いつどの媒体で広告が掲載されたか不明のままとなります。この場合、どういった層が広告を見て興味を持ったかという情報が手に入らないため、広告による成果が、また次の広告掲載への施策に活かせないというデメリットがあります。

広告費のほかにも費用がかかる

DSPを利用するには基本的に手数料が発生する場合が多く、広告費以外にも初期費用などの費用がかかることがあります。DSP広告を利用する際に必要となる費用を、しっかりと確認した上でDSPの利用を検討しましょう。

DSP会社によってターゲティングが異なる

DSP会社によって、提携している配信メディアのジャンルや内容などが大きく異なります。またDSPが保有するデータやアルゴリズムによって、配信先となるユーザーの選定に大きな差が出ます。それぞれのDSPの特徴をよく把握してから決めるといいでしょう。

DSPごとの特徴を理解して上手に活用しよう


DSP広告について、その仕組みと広告配信先の選定方法、従来の広告に対してのメリットやデメリットなどをまとめました。DSPによる広告配信は、運用次第で大きな対費用効果を得ることができます。それぞれの特徴を把握し、上手に活用しましょう。

 

参考: