“持たない”時代へ―クラウドにより企業も個人も身軽さを手に入れる

お役立ち情報ブログ

あらゆるものがクラウド化していく現代。そもそもクラウドとは何でしょう。クラウド化することにより、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。その解説と、意外なものまでがクラウド化している例もご紹介します。

クラウド化が進む世界


世界のあらゆるものにおいて、クラウド化が進んでいます。これは、クラウド化に数多くのメリットが存在し、ユーザーのニーズにフィットしていることの証明でもあります。クラウドがどのように浸透していったか、その背景と、クラウド化によって得られるメリットを見てみましょう。

仮想化とクラウド

クラウドを支えているのは仮想化技術です。仮想化とは、「物理的な要因を無視してリソースを倫理的に分割・統合する」という技術です。現代のクラウド(=クラウドコンピューティング)は、この仮想化技術の発展により成り立っているのです。仮想化技術がどのように進化し、どのようにクラウドコンピューティングへと発展していったのでしょうか。

1990年代、ハードウェアの高性能・大容量化により、システムをサーバーに分散させ効率化していく手法が、中・大規模システム運用方法として多く取られるようになりました。またそれと同時に、ハードウェアの進化はサーバーリソースの余剰を生み出し、それをどのように有効活用するかが課題となっていきます。
2000年代に入ると、仮想サーバーやストレージが登場。管理を集約する手法へと回帰し、サーバーリソースの有効活用も可能となりました。こうして再び注目を集めた仮想化技術は、インターネットを介して提供されるクラウドというサービスを支えていくことになります。

クラウドとは何か

ではクラウドとは何でしょう。実はその語源や由来ははっきりしておらず、まさに「雲(クラウド)」のような存在のクラウドですが、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)では「クラウドコンピューティングとはモデルであり、構成変更が可能なコンピューティング資源の共有プールを、オンデマンドなネットワークアクセスで可能にすること」と定義されています。

一般的には、不特定のハードウェアやソフトウェアからアクセスできる、インターネットを介して利用可能なサービス全般のことを指す場合がほとんどです。身近な例で簡単に言うと、データを自分のパソコンやモバイルなどではなく、インターネット上に保存する使い方や、サービスのことです。GmailやHotmailなどの、Webメールを考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

クラウドのメリット

クラウドのメリットとして、次のようなことがあげられます。

・サーバーやアプリケーションを購入する必要がないので初期コストが抑えられる。

・すでにインターネット上にあるサービスを利用するため、システム構築期間が必要ない。

・クラウドには従量課金型のものも多く、効率的にIT部門への投資が可能。
アプリケーションはサービス提供者が管理するため保守業務が不要。

このようにクラウドは、「必要なものを必要な分だけ必要なときに使う」という、現代の企業や個人が求める省スペース・省エネルギーの考え、「持たない身軽さ」に沿ったものなのです。

こんなものがクラウド化


クラウド化は、まさにあらゆる分野に及んでいます。ITシステムの先進とされるものから、意外なものまでがクラウド化し、社会の動きや生活の一部に溶け込んでいます。

三菱UFJフィナンシャル・グループの基幹ITシステム

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が、基幹システムをクラウドへと移行させています。国内で最も大きなITシステムを持つ銀行系列が、そのITシステムをクラウドへと移行させたことは、IT業界にも衝撃が走りました。MUFGのITシステムは、今後アマゾンによるウェブサービスのクラウド上で運用されていくことになっています。

クラウドロボティクス

クラウドロボティクスという、クラウドサービスを使った新たな取り組みがあります。これはロボット制御に必要な、大量のデータと膨大な計算能力をクラウドに保有し、ロボットを動かす技術です。これまでのロボットは制御部分を内蔵していたため非常に高価でしたが、制御部分をクラウド化することにより価格を抑えることが出来ると期待されています。

クラウド化でDRを迅速に

ディザスタリカバリ(Disaster Recovery=DR)とは災害復旧のことで、東日本大震災以降注目を集め、市場を伸ばしている分野です。災害やテロなどによってシステムがダメージを受けた際、「効率的かつ少ないダウンタイムでコアシステムを復旧すること」を指す場合もあります。こうした観点から、企業のシステムやデータをクラウド化することにより、DRを迅速化する取り組みも進んでいます。

音楽もクラウドで

また音楽のクラウド化もかなり浸透しています。「iCloud Music Library」や「Google Play Music」といったサービスがそれにあたります。インターネットに接続できる環境であれば、楽曲をダウンロードしたり端末に保存したりする必要はなく、いつでもクラウド上の好きな楽曲を聞くことができるサービスです。

ゲームもクラウド化

ゲーム業界でもクラウド化は進んでいます。ゲームをクラウド化することにより、負荷の高い処理はサーバー側で行われるため、比較的低スペックの環境でも動作を可能としています。また開発期間の短縮などのメリットもあります。

服までクラウド化

なんと服までクラウドで管理という驚きのサービスまで登場しています。これはダンボール一箱を一カ月あたり数百円という価格で預かってくれるサービスですが、これだけでは通常のレンタルスペース、レンタル倉庫と変わりありません。しかしこの新しいサービスでは、ダンボール箱の中に入っている服を写真データとしてクラウドに保存、モバイル端末で見ることができるようになっています。こうして保管した服も、「どこにいてもインターネット経由で見ることができる」という意味では、新たなクラウドの形と言えます。

クラウド化で”持たない”時代へ


このように世界であらゆるものがクラウド化しています。この流れが加速する一方で、新たなサービスが次々と生み出され、既存のサービスもクラウドに対応したものが求められています。モノに対する保有主義はなくなり、若い世代を中心に、世界はすでに”持たない”時代へと突入しているのです。メーカーやサービスベンダーも、”持たない”時代に対応したビジネスモデルを生み出していかなければ、今後生存していくことが難しくなるかもしれません。

参考: