ERPを導入すると、どのようなメリットがあるの?

お役立ち情報ブログ

かつて内部統制を課題とした大企業を中心に導入されてきたERP(Enterprise Resource Planning=統合型基幹業務ソフトウェアパッケージ)は、現在では、中小企業向けのパッケージによるソリューションの提供も多くなってきております。ここでは、規模や業種を問わず導入が進展しているERPで何ができるかや、ERPの導入により、どのようなメリットが得られるかを中心に解説します。

ERPで何ができるか?


ERPは、企業にとって重要なヒト、モノ、カネ、情報のような経営資源を一元的に管理し有効活用することで、業務の効率化はもとより経営判断をサポートするものです。ERPの導入により、以下のようなことが可能となります。

迅速なシステムの導入

会計、販売(顧客)、生産、購買などのシステムを必要に応じて個別に導入すると、それぞれの分野では業務にあったシステムを導入できるというメリットはあります。最近は、クラウド化やSaaS化が進み、個別開発までは必要ない場合も多いかもしれません。それでも、一つひとつのシステム導入の検討に時間がかかると同時に、状況によっては、これらを連携するためのシステムも導入していく必要があります。その点ERPでは、パッケージとしてあらゆる業務分野で必要となるシステムに関わる機能がモジュールとして用意されていますので、必要に応じて容易に情報システムが拡張できます。

情報の一元的な管理

会計、販売、生産、購買などの個別のシステムの導入では、業務特有の事情に対処はできるのですが、情報のフォーマットに微妙なずれが生じます。リアルタイムなレスポンスが必要なときは、これらのデータを組み合わせて利用することが難しくなります。ERPを導入すれば、最初からこれらの情報を一元的に管理し利用するというコンセプトの下、一つのデータベースに全てのデータを集約します。

部門間の情報システムのシームレスな連携

会計、販売、生産、購買などのシステムを個別に導入してしまうと、情報の形態に一貫性が得られないケースも考えられます。特にリアルタイムに活用しようとする場合、これらを連携するための仕組みが必要になります。この点、ERPパッケージを導入すれば、無駄な経費を抑えながら財務会計、販売、生産、購買、人事などの業務を網羅した、部門間をまたがるシームレスな連携や拡張が可能になります。

ERP導入によるメリット


大規模な企業では、ERPを内部統制の強化のために導入することも多いのですが、それ以外の観点でも、以下のメリットがもたらされます。

業務効率の向上

ERPではデータが一元的に管理されているため、例えば、販売系や購買系のシステムで入力されたデータも会計システムにリアルタイムに反映されます。また、データの月次の更新等も同様に処理できるため、重複したアップデートの手間が軽減されると同時に、参照や利用しようとする方は最新データ活用が可能になります。

経営の見える化

情報の一元化に伴い、ERPで集約・アップデートした情報を経営、事業、人事からプロジェクト管理などさまざまな観点で利用できるようになります。例えば、受注案件が発生した場合、部品などの仕掛かり品の在庫の確認や購買や調達のプロセス、生産管理などさまざまな側面から状況を把握したうえで、納期や価格に関してお客様へ迅速かつ的確に回答できるよう支援します。

ベストプラクティスの取り込み

ERPは、当該業界の最も進んだ業務形態を踏まえた標準的な業務フローに対応しています。自社の業務に適合したERPに沿って、これまでの業務を見直すだけで、業務フローの最適化が計れる場合もあります。

社会の変化や国際化への迅速な対応

マイナンバー制度の導入のように税制や会計、労務管理等の様々な分野で法改正されますが、ERPの導入でこのような変化に対して迅速に対応することができます。また、多くのERPはグローバル企業を対象に設計され、多くの言語や通貨、国際会計の基準や各国ごとの法制の改正にも対応しているため、業務や経営に関わるデータのグローバル規模での一元管理も可能となり、事業の急速な海外展開にも容易に対処することができます。

ERP導入で企業は迅速な対応が可能に


ERPを導入することにより、企業は、各部門にまたがる情報の一元管理や、情報システムの連携を実現できます。また、業務効率や経営のスピード向上や高度化、社会の変化や国際化への迅速な対応が可能となります。


参考:ERP導入で業務がはかどる! 4つの導入メリット|ITトレンド