ERP導入で中小企業の業務と経営を効率化しよう

お役立ち情報ブログ

ERP(Enterprise Resource Planning)は、大規模で財務状況に余裕がある大企業が導入するものだと思われがちです。しかし、中小企業こそさまざまな経営や事業の課題に直面するため、リソースの有効活用や業務プロセスの最適化、経営のスピード化が求められています。このような課題解決を得意とするERPは、中小企業にこそ導入のメリットがあります。

情報システムを個別に導入して、後で困っていませんか?


会計、販売、生産、購買などのシステムを必要の都度個別に導入しても、無駄な時間がかかると同時に費用もかさむ場合が多いのではないでしょうか? 

財務会計、販売、生産、購買、人事などの業務を網羅した部門間をまたがるシームレスなERPパッケージを導入することにより無駄な経費を抑えながら迅速な情報システムの拡張が可能になります。

もちろん、会計、販売(顧客)、生産、購買それぞれのシステムを個別に導入すると、それぞれの分野では業務に特化したシステムを導入できるというメリットはあります。最近は、クラウド化やSaaS化が進み、個別開発まで必要ない場合も多いかもしれません。
それでも、一つひとつのシステム導入の検討に時間がかかると同時に、最近は業務上これらを連携して活用していく場面が多くなってきています。

パッケージであらゆる業務を網羅し、これらを容易に連携しうるERPを導入することは、業務効率化やコスト削減に向けた最も効果的な解決策の一つといえるでしょう。

業務効率の向上、業務の見直し、全社的な経営の判断が見える形でできていますか?


個別のシステム導入でももちろん局所的な効率向上が可能となる場合もありますが、業務間で効率にばらつきが生じてしまい、業務プロセス全体の最適化の観点が欠如してしまいがちです。

また、データベースも別個に用意されたりすると、データの整合性も取れてないため、突発的な引き合いや受注案件での顧客への見積もり、横断的なプロジェクトでのリソースの確保などで迅速な対応が取れないといった弊害が生じてしまうことも多いのではないでしょうか?

ERPを導入すればこのような状況に遭遇しても、中小企業でも容易にシームレスなシステム化による業務効率の向上と、経営の見える化によるリアルタイムでのリソースの有効活用や迅速な経営判断が可能になります。

業種や業務の標準的なプロセスやベストプラクティスを必要に応じて、中小企業でありながら、成長や事業の拡大に応じた高度な経営判断を取れるような情報基盤を築くことができるでしょう。

制度の改正や国際化への対応で時間を費やしていませんか?


突発的な税制等の改正により、会計や業務処理の見直しを余儀なくされることもあるでしょう。また、事業の国際化に向け海外拠点を設置する場合でも、複数の国で使用可能な情報システムを迅速に導入して、グローバル規模でのオペレーションに対応できるようにしていくことが必要となることもあるのではないでしょうか? ERPベンダーは、このような変化や国ごとの状況を絶えず察知しながら、仕様をアップデートします。ERPを導入することにより、中小企業でも税制等の法改正や国ごとの基準の違いに煩わされることなく、時代の変化やグローバル化に迅速に対応することができます。

中小企業にこそERPの導入を!


ERPを導入することにより、各部門にまたがる情報の一元管理や、情報システムの連携を実現できます。これにより、業務効率や経営スピードの向上、社会の変化や国際化への迅速な対応が可能となります。中小企業でも、急成長による事業の拡大に伴い、情報システムを刷新していく必要があります。
また、税制改正やマイナンバー制度の導入による会計や労務関係の業務フローの見直しや、海外展開による多言語や他通貨への対応等が必要になることもあります。

このような経営や事業の環境変化に対応していくため、中小企業でも、ERPの導入を検討していく余地がありそうです。


参考:ERP導入で業務がはかどる! 4つの導入メリット|ITトレンド