企業の強い味方!販売業務をサポートする「販売管理システム」とは?

お役立ち情報ブログ

販売業務が主な企業には「販売管理システム」の導入がおすすめです。ただ存在自体は知っていても、どういったシステムなのかよく分からないという方もいらっしゃるでしょう。「どんな機能があるのか?」「本当にシステムを導入する必要があるのか?」などの疑問を解決するために、「販売管理システム」について詳しく解説します。

販売管理システムとは?


販売管理システムとは、その名の通り販売管理を行うシステムのことです。販売管理で行われる業務がツールなどにより自動化され、業務を効率良く進めるためのもの。販売管理システムについて知るためには、まずは販売管理について知る必要がありますので説明しましょう。

販売管理とは

販売管理は、販売に関する業務を管理することです。販売管理と言っても、物を売る部分だけではありません。受注や仕入、請求から在庫まで販売にかかわる作業全体の管理です。販売管理を行うことにより、業務全体を可視化して経営に活かしたり、コストカットで効率化を図ったりすることができます。しかしながら、販売管理を行うには作業一つひとつを細かく記録していかなければなりません。手作業での管理は、時間がかかりすぎるので難しいのが現状。そこで便利なツールとして、販売管理システムが登場するのです。

販売管理システムの機能


次は、この販売管理システムにはどのような機能があるのかをご紹介しましょう。

売上管理

受注から入金までを管理。見積書の作成や受注伝票の出力、請求書の発行などを行います。

購買管理

発注や仕入などの購買に関する業務を管理。見積り依頼から発注・受注・請求といった処理を行ってくれます。

在庫管理

商品の入庫から出庫までを管理。入荷と出荷、検品や棚卸はもちろん、返品などの対応も行います。

データ作成・分析

売上残高や買掛残高などの一覧を作成するほか、それらの販売データを集計し、状況を分析することもできます。

販売管理システムのメリット


このような販売管理システムを導入することで、どのようなメリットがあるのかをご紹介します。

販売業務の効率化

販売管理システムを導入すると、作業の自動化、ペーパーレス化などが可能です。今まで時間がかかっていた業務が短時間で終わるので、効率良く仕事を進めることができます。また、業務全体の流れを把握できるので、そこで発生する無駄を省けばコスト削減も可能。さらに業務の電子化はミスの防止にも繋がります。

業務フローの統一

業務系のシステムを導入する前というのは、マニュアルがあっても部署や担当者によって少しずつやり方が異なっていることが多いもの。これでは、業務の相談や引き継ぎなどで苦労してしまいます。しかし、販売管理システムを導入すれば業務フローが統一され、操作方法も同じなので担当者が変わっても問題ありません。

販売状況をリアルタイムで把握

受注や納品などの業務が発生するとその都度システムに記録されるので、販売状況をリアルタイムで把握することが可能。上司や顧客から問い合わせがあってもすぐに対応できます。

蓄積データの活用

販売データはシステムに蓄積され、そのデータを集計し、分析することもできます。これらの集計データや分析結果は、経営戦略を練る上できっと役に立つでしょう。

販売管理システムは企業の強い味方!


販売業務を主軸とする企業ほど、販売管理システムの導入によるメリットは大きくなります。販売管理システムは強力なサポートツールになるでしょう。未だシステム化に踏み切れていないという企業は、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

参考:

基礎からわかる「販売管理システム」|ITトレンド
販売管理システムはなぜ必要なのか?導入のメリット、選択と運用のポイントは?|富士通マーケティング