クラウド型販売管理システムの特徴や導入時のポイントを解説!

お役立ち情報ブログ

販売管理システムには、大きく分けて「オンプレミス型」と「クラウド型」の2種類が存在します。オンプレミス型に比べてクラウド型は新しい形態で、その便利さからシステムのクラウド化を考える企業も多いでしょう。しかし、システムの移行にはコストや手間がかかりますから、本当にクラウド化に踏み切って良いものか迷いますよね。今回はそんな、販売管理のクラウド化について解説しましょう。

オンプレミス型とクラウド型


まずは「オンプレミス型」と「クラウド型」の違いについて解説しましょう。オンプレミス型は、自社サーバーを意味します。つまり、購入したソフトは自社のサーバー内にインストールし、運用も自社内で行うというもの。一方クラウド型は、ソフトが存在する場所も運用する会社も他社のサーバーです。他社が運用するソフトを、インターネットを通じて使用するのがクラウドの特徴。オンプレミス型とクラウド型は、この点が大きな違いです。

クラウド型の特徴


この両者は使用する上でどのように異なるのかを知るために、クラウド型の特徴を見ていきましょう。

導入

オンプレミス型に比べて、クラウド型は導入に手間がかからないという特徴があります。ソフトをインストールする必要もなく、インターネットを通じてサービスを利用するだけなので、比較的気軽に導入が可能です。

費用

費用はオンプレミス型より安くなるのが通常。なぜなら、クラウド型はインターネットを介して共同利用しているためです。使用側はソフトをインストールする手間がかかりませんし、メンテナンスも不要。導入コストもランニングコストも基本的にオンプレミス型に比べて低くなります。

機能

同じソフトであれば、備えている機能については変わらないと考えて良いでしょう。ただソフトのアップデートのしやすさは、クラウド型の方がスムーズです。

使いやすさ

使いやすさについては一長一短です。クラウド型はインターネット環境さえあればどこでも利用可能なので、出張先や自宅からでもソフトの利用が可能。ただし逆にいうと、インターネットにつなげなければ使うことができません。オンプレミス型の場合、仮にインターネット障害が起きても使用することが可能ですし、設定も自由に変更できます。使いやすさについては、使用する側の都合によるといえます。

セキュリティ

セキュリティは基本的に利用する先の環境に依存するので、そういう意味では不安が残ります。また、外出先でクラウド利用を頻繁に行うのであれば、端末の紛失や盗難リスクもあるでしょう。

導入時のポイント


このようにさまざまなメリットのあるクラウド型ですが、何も考えずに導入するのはおすすめしません。次は、実際に導入を検討している方のために、導入時のポイントについて解説します。

自社の課題を整理

まずは自社の課題を整理します。先ほど解説したように、クラウド型にはメリットもあればデメリットも存在します。現在、オンプレミス型の販売管理システムを利用しているなら、本当にクラウド型に移行することで解決できるのか検討してみましょう。場合によっては、クラウド型である必要はなかったり、逆にオンプレミス型の方が使い勝手が良かったりするかもしれません。

製品をピックアップ

販売管理システムとして存在する商品はいくつもあります。それぞれに特徴があり、使える機能もさまざま。自社の課題を整理すれば、欲しい機能についても自然と見えてくると思います。いくつか目ぼしいものをピックアプし、最終的にどれを選ぶかを比較しながら決めましょう。

試用サービスの利用

クラウド型は導入が簡単な分、お試しとして一定期間無料で利用できるサービスを行っているところが多いという特徴もあります。実際に使ってみることで使用感が分かりますし「思っていたのと違うな」と感じることもあるでしょう。選ぶ商品を迷ったときは、ぜひこの試用サービスを利用してみてください。

どちらが良いかじっくり検討を


オンプレミス型とクラウド型は、それぞれにメリットとデメリットがあります。従って、必ずしもクラウド化した方が良いとは限りません。クラウド化に踏み切るかどうかは、現状をしっかり把握した上でじっくり検討する必要があるでしょう。

参考:

販売管理はエクセルからクラウドへ|ITトレンド

クラウド版「販売管理」サービスの基本機能とは|ITトレンド

【クラウド型×オンプレミス型】メリット&デメリット|ボクシルマガジン