適切な需要を把握するために必要な在庫管理とは?

お役立ち情報ブログ

世の中には需要と供給が存在しています。企業は、需要以上に製品の製造や商品の仕入れを確保しても、売れなければお金が出ていくばかりで次第にキャッシュフローが厳しくなります。さらに最悪の場合、在庫の品質劣化により廃棄せざるをえなくなる恐れがあります。ここでは、在庫管理の目的や必要性、そして適切な在庫管理について解説していきます。

在庫管理の目的


企業にとって、在庫管理は非常に重要といわれていますが、優先順位として後回しにしてしまう事業主は少なくありません。何故、在庫管理が重要なのかというと、キャッシュフローを正常に保つため、なくてはならないものだからです。過剰在庫を抱えるということは、直ぐに利用できない資産が増えるということですので資金を圧迫することにつながり、資金繰りが苦しくなります。一方で、在庫が少ないと、せっかくの販売チャンスを逃してしまうことになります。

企業は損益計算書上、赤字になったとしても、その時点ですぐに倒産してしまうということはありません。ただ、在庫管理をおろそかにして運転資金が無くなってしまうと、倒産をしてしまう恐れがあります。そのような状況を避けて、運転資金を適切に確保するためにも、適切な在庫管理は必要不可欠といえるのです。ただ、やみくもに在庫管理を始めたとしても、さまざまなトラブルを引き起こし、致命的な失敗をしてしまう恐れがあります。まずは在庫管理をする際にどのようなトラブルが起こり得るかを把握することが大切です。

在庫管理で陥りやすいトラブル


適切に在庫管理ができていない場合、次のようなトラブルが起こりやすいといえるでしょう。

・品目数が多く煩雑

・複数人で管理をしていて共有できていない

・出荷優先で上記のような不具合を後回しにしてしまう

近年では、特に少品種大量生産ではなく、多品種少量生産をする企業が増えています。品目数が増えるとそれだけ細かく在庫管理をする必要性が出てくるため、中途半端な管理方法だと煩雑になってしまいます。また、在庫の入出庫担当者が複数いる場合、情報共有が正常に行われていないと、あるはずのものがない、なぜか数量が合わないといったトラブルが引き起こされやすくなります。

そのような状態でも、販売するための在庫さえあれば、事業運営をすることはできます。後で修正をすればいいと考えて出荷を優先して問題を後回しにしてしまうと、どんどんズレが大きくなってしまい、最終的に何故ずれているのかを特定するのが非常に困難になる恐れがあります。

システムを用いた在庫管理


在庫管理をエクセルでおこなっている企業も存在します。しかしエクセルの場合、入出庫の都度必要な入力管理をする必要があり、複数での管理が困難になったりする恐れがあります。そのため、専用の在庫管理システムの導入検討も視野に入れる必要があるでしょう。

専用の在庫管理システムを導入することで、複数人で管理をしていても一元管理をすることが可能です。特にバーコードやQRコードで管理ができるシステムであれば、細かな在庫情報を入力しなくても、コードを読み取るだけで簡単に情報入力がすることができ、ハンディ端末を用いることでパソコン操作をしなくても入出庫作業と同時並行で在庫管理ができるようになります。

また、在庫管理システムであれば、品目管理だけではなくロット管理や製造番号管理も可能となります。商品に不良品などの不具合が生じた際に、トレーサビリティができるようになり、不具合のあるロットや製造番号だけを廃棄するということも容易になるでしょう。

システムを用いて適切な在庫管理を


在庫管理が適切でないと資金繰りがショートする恐れがあります。エクセルや紙ベースでの在庫管理ではなく、システムを用いて管理することで、一元管理やロット管理をすることができるようになり、トラブルが起こった際の追跡も容易になるでしょう。