BtoB EC市場における在庫管理システムの重要性とメリット

お役立ち情報ブログ

EC市場の急激な拡大に伴い、倉庫マネジメントの重要性はさらに注目を集めています。過去の表計算では、現代の倉庫マネジメントにおけるその膨大なデータと求められるスピードを処理するのは、もはや不可能となっています。倉庫マネジメントのソリューションとして、導入が必須ともなった在庫管理システムについて、その重要性やメリット、また導入に際しての注意点などを解説します。

拡大するEC市場と在庫管理の重要性


EC市場は恐るべき速さで拡大しています。EC市場の動向と、それに伴い重要性を増す倉庫マネジメントのポイントについて見てみましょう。

国内BtoB EC市場は200兆円を突破

経済産業省が今年発表した、2016年までの国内の電子商取引(eコマース)市場の実態調査によると、国内のBtoB-EC取引は年々増加しており、その市場規模は204兆円まで拡大しています。また市場全体に占めるEC化の割合を示すEC化率は、BtoBで全体の約1/5となっています。

このような結果から、BtoBにおいてのEC化はさらに拡大していくと見られ、またBtoB-EC市場規模も一層膨らんでいくと予測されます。

加速する倉庫マネジメントの必要性

成長を続けるBtoB-EC市場において、その要求に即座に答えるためにはある程度の在庫を抱えておくことが不可欠です。しかし在庫を抱えすぎることも、財務状況悪化へと繋がるリスクとなります。そこで必要となるのが、日々変化する市場の要求に応えられる倉庫マネジメント能力です。

倉庫マネジメントに求められるのは、適切な量の在庫を保持していくことです。その上で欠かすことのできないのが、鮮度の高い情報と、精度のある情報伝達、そして有益な情報分析の3つの要素です。刻一刻と変化する多様な在庫情報をリアルタイムに把握、その情報を必要な部署へ即座に共有し、さらに適正在庫がどれくらいなのかを知ることが必要なのです。

そのソリューションとして、在庫管理システムがあります。
在庫管理システムはこれら倉庫マネジメントに必要な要素を備え、手作業や表計算ソフトでの運用ではとても不可能だった情報処理能力を持ちます。また、原材料の仕入れから出荷までを総合的に処理するため、各部署に必要な在庫に関する最新情報を常に提供します。さらに中長期的な情報分析から、適正在庫を保つために必要なヒントを与えてくれます。

在庫管理システムに求められる2つの効果


このように、現代のEC市場において必須とも言えるほど在庫管理システムは重要になりました。在庫管理システムに求められているのは一体どのような効果なのでしょうか。在庫管理システムに期待される大きな2つの効果を見てみましょう。

資金繰りを安定させる

余分な在庫を抱えることは、余剰資金を少なくし、すぐに現金化できない資産を持つことになります。適正在庫を保つことにより資金繰りが安定化します。

在庫管理コストを削減する

在庫を持つと、必ず棚卸しや欠品対応などの管理コストが発生します。在庫管理システムによって在庫を徹底管理することにより、管理に必要なの人員・工数を削減し、在庫管理全体としてのコストを削減できます。

在庫管理システム導入によるメリット


では具体的に、在庫管理システムは何ができて、どのようなメリットがあるのでしょうか。在庫管理システムによって得られるメリットには、次のようなものが挙げられます。

標準化

ハンディターミナルを活用することで初心者であっても熟練者であっても同じ効率で作業を行えるようになり、作業効率や作業の質が標準化されます。これにより個人の性格や熟練度に左右されない作業が可能になります。

作業時間短縮

在庫状況や入出庫について、かつては帳票を片手に現場で記録、デスクに戻ってから入力といった作業時間と移動時間が発生していました。在庫管理システムでは、この情報をハンディターミナルによってバーコードで読み取るだけで完了します。

ヒューマンエラー防止

上記のような手作業では、手書き・キーボード入力と、人的ミスが発生するポイントが存在していました。しかしハンディターミナルのバーコード読み取りでは、このようなミスは発生することはありません。

リアルタイム化

手作業による在庫管理では、在庫状況を確認したのち、デスクに戻り情報を入力しなければなりませんでした。そのため、在庫の確認から情報の反映までにどうしてもタイムラグが発生してしまいます。このタイムラグにより、実際の在庫状況と、入力された時点での情報に違いが出てくる可能性もあります。在庫管理システムではハンディターミナルで読み取った情報が一瞬で転送・反映されるため、このタイムラグがありません。

情報の可視化

在庫状況のリアルタイム性に加え、出荷された量の情報も、常に把握することができます。これによって在庫量や入荷量、入出荷に効率のいい保管レイアウトなどの見直しができ、効率のいい倉庫マネジメントへと繋がります。

在庫管理システム導入を成功させるために


在庫管理システムを導入したにもかかわらず、うまく運用できていない、かえって在庫量を増やしてしまった、というケースがあります。これらはどのような場合に起こるのでしょうか。

導入目的を明確に

在庫管理システムを導入する際に「どのような課題を解決したいのか」を明確化しておく必要があります。課題解決に向けた目的を持って導入することで、運用効果が高まります。

適したシステムを

また、在庫管理システムにはそれぞれ対応する業種やビジネスモデルによって、向き不向きがあります。
BtoB-ECであれば、ウェブサイトや受注システムと連動できるものを導入することで、さらに効率化を図ることができます。また、製造・販売まで一貫して行っているのであれば、生産管理と連動できるものを導入すると、総合的な管理ができるようになるでしょう。自社のビジネスモデルに適した機能を有し、ある程度カスタマイズ性のあるシステムを選ぶことが重要です。

マニュアル整備と管理リーダー配置

そして最後のポイントがマニュアルの整備と管理リーダーの配置です。新たなシステムを導入するわけですから、入荷から出庫までそれぞれの工程において、システム運用を前提としたルールの見直しが必要になります。これらをマニュアル化し、運用に関わる社員全員を教育しましょう。また、システムを熟知した人員を管理リーダーとして現場に配置しておくことで、トラブル対処などの迅速化につながります。

在庫管理システムの効率的な運用を


一段と拡大していくEC市場の中でも、特にBtoB取引における在庫管理は、その取引額が大きいことから非常に重要性が高いものです。EC化率の増大に伴い、さらに在庫管理にはスピードと正確さが求められるようになると予測されます。ここでまとめたメリットと注意点を踏まえ、在庫管理システムを上手に運用し、損失の防止と効率化を図りましょう。

参考:

電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC市場が15兆円を突破。中国向け越境EC市場も1兆円を突破~|METI/経済産業省

在庫管理システムの導入成功へ向けて注意すべきポイントをまとめてみた - 在庫管理システム|ボクシルマガジン

在庫管理システムで解決できる課題と導入のメリット|ITトレンド