在庫管理の手法を実践に活かすにはどうすればよいか?

お役立ち情報ブログ

在庫管理は、経営上の重要課題の一つです。例えば、収支向上のために在庫過剰状態を解消しようと仕入れを減らすと、欠品による事業機会の逸失を招くようなこともあります。在庫管理に関する手法はいろいろとありますが、実際にどのように取り組んでいくのがよいのでしょうか?

在庫管理に関する問題のあれこれ


まずは、在庫管理に関わる基本的な観点を整理すると大きく以下の3つに分けられます。

1.商品の種類、数、状態の管理

2.需要の予測、仕入れ、補充

3.商品の出し入れ、移動、出荷、配送

まず、商品の種類や数、状態のなどの管理は、業種や業態、取り扱う商品や部品、規模によっても異なりますが、在庫管理を必要とする業種では最低限求められる業務です。中でも生鮮食品を扱っている場合は温度の管理など商品の鮮度を落とさないように気を配る必要があるため、より高度な管理が必要です。

次に、場所の確保や収支の改善、欠品による機会損失やリピーターの離反を回避するためには、需要予測や自動発注により適正に在庫を持つことが必須となるでしょう。そして、より高度な物流に特化した施設ではモノの効率的な出し入れや検品、ピッキング、仕分け等が重要になってきます。

あなたの職場では、どこに着目するか?


さて、あなたの職場では、どのあたりに課題が潜んでいそうでしょうか? 抱えている課題によって、整理整頓、現品管理、ロケーション管理、受発注、需要予測、サプライチェーン管理等対策すべきポイントが異なりますので、在庫管理の精度を上げるには、まず状況把握が先決です。例えば、販売の際に在庫切れが頻繁に発生したり、過剰な在庫を抱え込み収支が悪化したりしている場合は、個々の事例に対応するだけではなく、根本的に、需要の予測がうまくいっていないことを認識し、その原因を突き止めることが重要です。

在庫管理に関する考え方や手法をいくつか見ていきましょう


ここでは、より効率的な在庫管理を実現するための基本的な考え方や手法を考察してみます。

先入れ先出し

これは、在庫管理の基本中の基本ですが、特に食料品など、鮮度が落ちたり、劣化したり、腐食したりするものに用いるべき方法で、先に入れたもの、つまり古いものから出荷するという考え方です。もちろん、劣化しないものであれば、後から入れたものを最初に出荷しても問題のない場合もありますが、先入れ先出しの基本に従っていれば多くの場合は安心といえます。コンビニエンスストアで飲料水を店の奥から補充し、最初に入れたものから店頭に並ぶようにしてあるのはこの先入れ先出しの原則にのっとった販売方法の例といえるでしょう。取り扱う商品や部品で鮮度や型番の管理を要するものはもちろんですが、そうでない場合も、できるだけこの先入れ先出しの原則にのっとり、在庫を管理していけるよう置き場所やレイアウトを工夫してみましょう。

ABC分析

これは、売上高で、A、B、Cのようにランク分けして、グラフ化して構成比を見ていく手法です。売上高の順にA、B、Cとランク付けをすることで、売れ行きごとの在庫の状況を把握しやすくなるため、在庫の仕入れの間隔や仕入れの量などの扱いを見直すために有効な手法といえます。ただ、状況の把握には向いているものの、改善のための方策は別途導き出す必要があります。

在庫回転率、交差比率

在庫管理の効率性を測るための指標として在庫回転率があります。一定期間の在庫回転率は、在庫回転率=出庫金額/在庫金額という式で表すことができます。この在庫回転率が大きくなればなるほど、より効率的に在庫を活用できているといえます。逆に在庫回転率が低くなればなるほど、モノの滞留期間が長くなるわけですから、鮮度が落ち、場所をとり、資金を圧迫することになります。つまり、利益の低下につながりかねないということです。

また、この在庫回転率に粗利率を乗じた交差比率という指標も、利益に貢献している商品かどうかを判断するために有効です。このような実効性のある指標を活用していくことにより、在庫回転率の違いにより仕入れの間隔や量を変えるといった戦略的な在庫管理が可能となります。

より高度な在庫管理の手法を実践的に取り入れるための工夫


在庫管理にまつわる課題や解決策がご理解いただけたでしょうか? 自社だけで解決が難しいと思われる場合は、コンサルタントとして相談に乗ってくれるベンダーにコンタクトをとってみると良いでしょう。需要予測、リードタイムの短縮、必要な在庫の維持、滞留在庫の処分等、課題ごとにその分野を得意とするベンダーがいるはずです。

また、より高度な物流管理を目指す場合は、倉庫管理システム(WMS)の導入を検討してみるのも良いでしょう。近年、倉庫管理システムは、低価格化により導入しやすくなってきています。

IoT実用化の展望


これまでは、商品等のモノの管理は、入出庫の際に記録することにより、その記録されたデータを踏まえて、実際にその商品が現在、どこに何個あるはずと想定することにより、成り立ってきました。しかし、IoT(Internet of Things)のような画期的な技術の実用化により、モノ自体にICチップやセンサーを括り付けることで、実際にある物の数や状況をリアルタイムで把握できるようになります。

商品が現在どこに置いてあるのかを常に把握できるため、イレギュラー処理で、いつもと異なる場所に置いた場合でも、容易に探し出すことができます。また、人の手で一つひとつチェックしているところをまとめて読み取ることも可能になります。

IoTの活用に際しては、セキュリティ等の課題もありますが、在庫管理の手法の新潮流として、今後一層注目が高まって行くでしょう。このようなメガトレンドを注視しながら、今後の在庫管理の在り方や活用策を模索していきましょう。