広告モデルの選び方―目的で選べばもう迷わない

お役立ち情報ブログ

DSPやアドネットワーク、SNS広告など、インターネット広告モデルにはたくさんの種類があります。しかしこれらの中から、どの広告モデルを選べばよいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

この問題は、「広告の特徴」ではなく、「広告の目的」がわかればすぐに解決できます。インターネット広告の全体像を説明したうえで、広告のターゲットとするユーザー層を3つに分け、目的ごとに選ぶべき広告モデルを解説します。

インターネットを使った広告モデル


インターネット広告には、さまざまな種類があります。広告モデルの種類を大きく分類して、それぞれの特徴をご紹介しましょう。

  • 純広告
  • webサイト上の広告枠を買い取り、バナー広告を掲載する方法です、期間を決めて買い取るため定額となります。価格はサイトによって異なり、多くのユーザーが見る可能性の高い広告枠は非常に高額となることもあります。
  • ディスプレイ広告
  • 純広告と同様webサイトやブログにある広告枠に表示する広告ですが、配信方法が違います。ディスプレイ広告の中にもさまざまな配信手法がありますが、代表的なのはコンテンツ連動型と呼ばれるものです。これは広告枠のあるコンテンツに沿った内容の広告を配信する手法で、より関心の高いユーザーに届けることができます。また、ページの表示とともに、一瞬かつ全自動でオークションが行われクリック回数で料金が発生する仕組みというのも特徴です。
  • アフィリエイト広告
  • 広告の表示やクリックによってではなく、商品・サービスの購入や成約によって広告料金が発生する成果報酬型の広告です。広告としての費用対効果は高い反面、サイト管理者に選ばれなければ全く掲載されないというリスクもあります。
  • リスティング広告
  • 検索エンジンで検索したキーワードを元に、検索結果一覧画面に広告を掲載する手法です。ユーザーが能動的に検索したキーワードに関連した広告が掲載されるため、より高い関心を持つユーザーに配信されます。期間や予算などの設定も広告主が決定でき、クリックによって費用が発生する仕組みから費用対効果も高い広告手法です。
  • 動画広告
  • 動画を広告として各種プラットフォームに配信する手法です。バナー広告枠で動画再生する方法、視聴動画の間に広告動画を挟む方法、サイト上の動画表示領域で表示する方法などがあります。動画による広告は商品訴求効果が高いのが特徴です。細かい配信設定ができる場合が多く、費用対効果についてのレポートなどもあります。
  • SNS広告
  • Facebook、Twitter、インスタグラムなどのSNSに掲載する広告です。拡散性が高く、ユーザーの目に留まる可能性も高い手法です。ただし年齢層やユーザー層が限られるといった特徴があります。
  • アプリ広告
  • ユーザーが利用しているアプリ内に、別のアプリの広告を掲載する手法です。アプリインストールにより広告費が発生する仕組みが一般的です。
  • メール広告
  • DMや特価情報などをEメールで配信する広告手法です。ユーザーの目に触れる回数は少ない反面、興味関心の高いユーザーに絞り込んで配信することができます。

これらの広告を、ユーザー層によって使い分けていくことで、さらに広告効果と費用対効果を上げることができます。

商品・サービスを知らない層に向けての広告


まず、低関心層、非認知層とも言うべき層について考えます。これは、自社商品やサービスによって解決可能な課題を特に持ち合わせておらず、商品・サービスも知らない層のことです。

この層に対しての目的は、無関心かつ無認知のユーザーに対して、自社の商品・サービスを広く知ってもらうこととなります。

有効な広告手段は次のようなモデルとなります。

  • 純広告(バナー広告、リッチメディア)
  • 動画広告(You Tube、インターネットCM)
  • SNS広告(Facebook、Twitter、Instagram)

商品・サービスを知っている層に向けての広告


次に、潜在層と言われる層について考えます。自社商品やサービスによって解決可能な課題があり、商品・サービスも知っているが、それらが結びついていない層です。

自社の商品・サービスによって課題が解決できることや、「ただ知っている」から興味への移行をうながすのが目的となります。

この層に対して有効な広告は次のようなものとなります。

  • ディスプレイ広告(アドネットワーク、DSP、コンテンツ広告)
  • アフィリエイト広告(成果報酬型)
  • SNS広告(Facebook、Twitter、Instagram)
  • アプリ広告(CPI広告、リワード広告)

商品・サービスに関心がある層に向けての広告


最後に考えるのは、顕在層と言われる、顕在的なニーズを持ちコンバージョン一歩手前の層です。自社商品やサービスによって解決可能な課題を認識し、購入を検討している段階の層になります。

この層に対しては、必要性の再確認と顧客化が目的となります。

次のような広告モデルが有効です。

  • ディスプレイ広告(アドネットワーク、DSP、コンテンツ広告)
  • アフィリエイト広告(成果報酬型)
  • メール広告(メルマガ、DM)
  • アプリ広告(CPI広告、リワード広告)
  • リスティング広告(AdWords、Yahoo!プロモーション)

目的と狙いを明確に


インターネット上の広告モデルを選ぶときには、「なぜ広告を出すのか」「どのような層に広告を見せたいか」を明確にしておく必要があります。この2つが明確に設定されていることで、限られた予算内で最大の広告効果を得ることができるのです。

 

参考:

ネット広告運用初心者マニュアル。広告集客の基本は「プッシュ型」と「プル型」 |Web担当者Forum

ネット広告の種類全37種 課題別効果の出る手法一覧|LISKUL

5分で学ぶディスプレイ広告の歴史と今~「枠」から「人」へのコミュニケーションへ|シナジーマーケティング株式会社