ERPはオープンソースがおすすめ?メリットとデメリットを紹介

お役立ち情報ブログ

近年、情報の一元管理が可能なERPが、企業の経営戦略に欠かせないものとして注目されています。多くのERPがあるなかで、低コストかつカスタマイズ性が高いオープンソース型のERPの導入を検討している企業も多いのではないでしょうか。今回はそんな「オープンソースERP」のメリットとデメリットを解説。また、代表的なオープンソースERP製品もご紹介します。

オープンソースERPのメリット


ERPとは、「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」といった企業の持つ資源を適切に分配し、有効に活用しようとする考え方のこと。そんなERPにはさまざまな種類が存在しますが、近年注目を集めているのが「オープンソース型のERP」です。そもそも「オープンソース」とは、ソフトのプログラムである「ソースコード」が公開されている形態をさします。それではこの「オープンソースERP」は、通常のERPと比べてどのような違いがあるのでしょうか。まずはオープンソースERPのメリットをご紹介します。
コストが抑えられる
オープンソースERPの大きなメリットは、やはりコストです。基本的に販売されているソフトには利用料がかかりますが、オープンソースERPはライセンス費用やアップグレード費用が無料となっています(商用版のオープンソースERPで有償となるものもあります)。低コストでソフトを導入することができるため、小規模な企業にとっては大変魅力的ですね。
拡張性が高い
ふたつ目のメリットは、拡張性の高さです。一般的なソフトは開発元がひとつだけですから、ソフトを改良するのも開発元次第となっています。しかしオープンソースERPは、「開発コミュニティ」に集まった人々がさまざまなプラグイン(拡張プログラム)を公開しているため、それらを使って自由にカスタマイズすることが可能です。
ベンダーを選べる
ベンダーとは、製品のメーカーや販売会社のことです。販売されているソフトであれば、基本的にベンダーは決まっていますが、オープンソースERPは決まっていません。パッケージベンダーに縛られず、自由にベンダーを引き継ぐこともできます。そのため、サービスの質やコストなどを比較しつつ、自由にベンダーを選べるというメリットがあるのです。

オープンソースERPのデメリット


このようにメリットの多いオープンソースERPですが、一方でデメリットも存在します。次は、オープンソースERPのデメリットをご紹介しましょう。
自己責任
開発コミュニティ内で開発されている拡張機能は、基本的にボランティアで作られたものです。従って、企業が販売する製品のようなサポートは期待できません。仮に不具合が起きたとしても「自己責任」となるので注意が必要です。(これらのリスク回避を目的として商用版が存在しています)
機能が限定的
お金をかけて開発された商用ERPは、当然ながら機能面も充実しています。商用に比べるとオープンソースERPは、残念ながら機能が限定的であるといわざるを得ません。(商用版のオープンソースERPでは機能強化がはかられています)
導入事例が少ない
近年注目されつつあるオープンソースERPですが、日本国内ではまだまだ導入している事例が少ないのが現状です。そのため、導入後に思わぬ落とし穴が見つかる可能性もあることを承知している必要があります。

代表的なオープンソースERP製品


オープンソースERPのメリットとデメリットを把握できたところで、具体的にどのような製品が存在するのかをご紹介しましょう。

Compiere
Compiere(コンピエール)は、1999年に公開された、元祖オープンソースERPとも呼べる存在です。しかし、2006年ごろに商用化へ舵をきったため開発コミュニティのメンバーが分離してしまいます。Compiereは現在も存在していますが、オープンソースとして提供されているのは「バージョン3.3」までとなっています。
ADempiere
Compiereから分離した開発コミュニティのメンバーが、新しく開発を始めたオープンソースERPがこのADempiere(アデンピエレ)です。Compiereが元となっており、実質的にオープンソースERPとしてはこちらに引き継がれたといえます。
iDempiere
iDempiere(アイデンピエレ)はADempiereから派生したプロジェクトで、プラグイン構造なのが特徴です。プラグインにより好きな拡張機能を選んで取り入れることができます。
Odoo
Odoo(オドゥー)は世界中で人気を博しているベルギー発のオープンソースERP。以前は「OpenERP」という名称でした。基本的な機能である「販売管理」や「生産管理」はもちろん、「EC」「CRM」「経費精算」など、豊富な機能を取りそろえています。また、操作性や拡張性、保守性にも優れており、とても高性能なオープンソースERPです。メーカーが保証している商用版も存在しています。

ERPを試すならオープンソースがおすすめ!



多少のデメリットはあるものの、オープンソースERPは低リスクでERPの導入が可能。試してみるだけの価値が十分にあるでしょう。業務の効率化や経営戦略などでお悩みの企業は、ぜひオープンソースERPを導入してみてください。

参考:
オープンソースのERP兼CRMのodoo(旧称OpenERP)のインストール方法と紹介