Prosperity and InSPIRE

最新技術レビューから時事ネタ、ユーモラスな小話まで、
幅広いコンテンツをPro-SPIRE独自の切り口で
発信していきます!

提案プロセスについて

2016.08.05

ソリューション本部の飯田です。

2015/9 より某ユーザー様(以降、A社様とします。)のECサイト運用保守を承っております。
このECサイトは2015/4 に他のベンダー様にてローンチされましたが、諸々の事情により、弊社が請け負うこととなりました。
今回は、請け負うにあたって提案プロセスについてご紹介します。

 

8137620948_1066cd6c62_o_800_opt
A社様は2015/4 にローンチ後もECサイトの運用および改善にあたっての課題を多数抱えていました。
そんな中、立ち上げ時のベンダー様は諸々の事情から撤退を決定。八方塞がりの状況で弊社に声を掛けて頂きました。(この時、他のベンダー様にも声かけされていたようです。)

A社様からは箇条書きで纏められた一覧の提示のみで、全てを対応する為の見積もりを提示して欲しいと言うリクエストでした。本来であれば、お客様のリクエストに沿って見積もりを提示するのですが、いざ見積もりを作成しようとした時に、

「お客様の指示に通りに見積もりを提示することが、問題解決となるのか?」

と考えました。

当社はA社様のステークホルダーの方々とお話しさせて頂く中で数ヶ月掛けて大きな改善を図る事より1ヶ月単位で1歩ずつ進化する方が良いと判断しました。そこで、

「まずは、A社様で見積もりの妥当性が担保出来る知識、合わせてA社様の中で対応出来る力(内製化)を身につけませんか?」

と言う提案をさせて頂き、採用されました。

後から伺った話ですが、他社ベンダー様はリスクも含めECサイトの初期構築の1.5倍〜2倍の見積もり提示され頭を抱えていたそうです。

A社様のコストも他社ベンダー様の見積もり提示額の半分以下に抑えられ、ECサイト単独での売上も右肩上がりで増えています。

次回は、当社がスキルトランスファーを行いつつ実現した施策についてご紹介したいと思います。