Prosperity and InSPIRE

最新技術レビューから時事ネタ、ユーモラスな小話まで、
幅広いコンテンツをPro-SPIRE独自の切り口で
発信していきます!

ビッグデータを推進します。

2016.09.01

株式会社Pro-SPIREのBigdata推進部の小澤と申します。

部署名の通り、ビッグデータを推進していく部署となります。 今後は定期的に当部署の取り組みを発信していきたいと考えています。 では、まず当部が推進したい「ビッグデータ」とは?というところから話していきたいと思います。

 

ビッグデータとは?

総務省のページに記載されている内容によると
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/html/nc121410.html

データを利用する者の観点の部分のみ抜粋しますが、データを利用する者の観点からビッグデータを捉える場合には次のように記載されています。

「個別に、即時に、多面的な検討を踏まえた付加価値提供を行いたいというユーザー企業等のニーズを満たす知見」

特徴として次の3点を挙げています。

「高解像(事象を構成する個々の要素に分解し、把握・対応することを可能とするデータ)」、
「高頻度(リアルタイムデータ等、取得・生成頻度の時間的な解像度が高いデータ)」、
「多様性(各種センサーからのデータ等、非構造なものも含む多種多様なデータ)」

当部で推進したいビッグデータ 

ビッグデータというキーワードを出すと大量データを意味するので大企業でなければ あまり関係ないのではという声がでます。 しかしながら当部で推進するビッグデータは中堅、中小企業をターゲットにしたいと考えています。 当社は新たな情報価値の創造を通じて社会にCustomer Surprise(夢と感動)をもたらすことをビジョンとしています。  当部で提供したいデータもCustomer Surpriseをもたらすデータということになります。

つまり、ビッグデータ=ビックリするデータであると定義することができます。 なのでデータ量が大量でなければとも考えておりません。データを組み合わせて顧客にその手があったかと言わせる これが当部で推進したいビッグデータです。 現在これを実現できるサービス案のアイディアを出し合っています。

「ビックリするデータを活用したサービス」これを順次立ち上げていきたいと考えておりますので何卒今後ともよろしくお願いします。