Prosperity and InSPIRE

最新技術レビューから時事ネタ、ユーモラスな小話まで、
幅広いコンテンツをPro-SPIRE独自の切り口で
発信していきます!

サービス立ち上げないと

2016.10.05

株式会社Pro-SPIREのBigdata推進部の小澤です。

Bigdata推進部ではデータを活用したサービスを10個立ち上げるということを目標としています。
その為に『サービス立ち上げないと終われま10(テン)』というプロジェクトを立ち上げました。
現在どんなサービスをどうやって実現するかを検討しています。
その中でAPIエコノミーというキーワードについてのセミナーに参加してきましたのでその内容について投稿します。

「API活用で未来を拓け ~APIエコノミー、成功のカギ~ 」

Bigdata推進部の山川です。
先日、「API活用で未来を拓け ~APIエコノミー、成功のカギ~ 」というセミナーに行ってきました。

API活用で未来を拓け

http://ac.nikkeibp.co.jp/bdt/ibm0726/

今回はそのセミナーについて、私が個人的に興味関心が高かった話題にしぼりとても簡素ではありますが、ご紹介させて頂ければと思います。300名程度の大きな会議室が満員の中、 はじめにヤフーの村上氏から、ヤフーの様々な取り組みについてお話がありました。本当に興味深いお話の数々でした。その中から2つほどご紹介させて頂きます。

1つ目はmyThingsについてです。
これはすでにヤフーで開始しているサービスで、LINEアプリやGPSなどの49個のアプリを組み合わせて新たな使い方を提案してくれるサービスとのことでした。例えばGPSとエアコンのリモコンアプリを組み合わせて「自分が最寄り駅に着いたら、クーラーのスイッチを入れる」のようなことができるそうです。 

2つ目はヤフーが開催しているハッカソン、『Open Hack Day 3』についてです。
これは協賛会社から提供された公開APIを使い、チームごとに24時間の限られた時間内でプロトタイプを発表するというイベントだそうです。プロトタイプとはいえ、24時間で作れる時代なんだなと個人的にはとても驚き、興味を引かれるお話でした。アマネク・テレマティクスデザインの今井氏からは 未来のラジオのお話がありました。Amanekという車向けラジオの配信をすでに開始されているそうで、これは各車にあった放送ができるそうです。例えば湘南を走っている車に良い雰囲気の曲(サザンの曲)を流したり、周囲の天候(霧の発生など)や交通状況などの複数の情報から最適な迂回路を提案したりできるそうです。

ここまでAPI公開の有効性のご紹介があったあと、IBMのクラウド、IBM Connectシリーズの紹介がありました。これはすでにクラウド上にAPIが用意してあるので、それを組み合わせてサービスを構築できるようです。また公開時の難しいセキュリティの知識がなくても簡単な操作でセキュアなサービスを公開できるようです。『今はホームページが企業の顔ですが、今後は公開APIが企業の顔になる。』という言葉がとても印象的でした。

まだまだ、終われま10…。

公開APIを作ることやAPIを組み合わせることはサービスを実現する方法の一つと捉えています。公開APIについても調査を進めていきたいと考えています。
今後「ビックリするデータを活用したサービス」を実現できそうなAPIがあったら紹介していきたいと思います。