Prosperity and InSPIRE

最新技術レビューから時事ネタ、ユーモラスな小話まで、
幅広いコンテンツをPro-SPIRE独自の切り口で
発信していきます!

【Web1.0 今昔物語】 メッセンジャー栄枯盛衰 【Vol.1】

2016.04.28

2000年初頭、インターネットという言葉が一般に普及しはじめたころ、

こんなことがあったよなーという、筆者が昔話おじさんとして語るコーナーです。

 

当時を知る方には「あー、こんなのあったねー」と懐かしんでもらい

若い方には「へー、こういうのがあったから今○○ってソフトがあるんだー」と

時代の変遷の一端を垣間見ていただければと考えております。

 

また、内容はあくまで筆者の主観であって明確な数値・統計データがあるものではありません。

上記を踏まえた上で、お読みいただければ幸いです。

【メッセージジャーソフト 栄枯盛衰】

・ICQ

ICQicon

1990年代中ごろからサービスを開始した、イスラエルの「Mirabilis社」が開発したメッセンジャーです。

ちなみに名前はI seek you. (私はあなたを探します) の読みをアルファベットで表したものです。

I=I seek you=CQ(シークユー → シーキュー)

はじめてこれを使ったとき、本当に感動しました。上京したてだったこともあり、これでよく友達と連絡を取っていました。メッセージが届いた際の通知音が特徴的で、カッコーと鳥(?)が無くような音や、へんな男のうなりごえのような音(※1)がなんとも懐かしいです。

(探してみたらこんなアプリがあるみたいです

https://www.youtube.com/watch?v=zVjc161wSlM

 

「はー、こんな便利なもんを考えるたぁ、イスラエルの人は頭んよかバイ!」と感動した覚えがあります。

顔文字機能も揃っており、当時としては非常に画期的なソフトでした。

 

 

ちなみに探してみたところ、サービスはまだ存続している模様。

LINEや、FBメッセンジャーが流行っている中で、よくもまぁまだ生き残っているなぁと意外でした。

https://icq.com/windows/en

 

少し使ってみようかしらん・・・

 

1:文字で表現すると 「アッオー」 「ウゥゥーレベッ」 最後まで「レベッ」 はなんていってるのか分かりませんでした。

 

 

・Lime Chat(IRC)

LimeChat_icon_256

こちらはIRCというチャットシステムを使ったソフトウェアです。

チャンネルという機能があり、特定の友達同士での利用というほかに、話題ごとに部屋が作成されており、同好の士を見つけるのにも使われました。

部屋に入るとものすごく詳しい人がいて、親切に色々と教えてもらえる、なーんてちょっといい話もありました。

 

 

・MSNメッセンジャー

msn-messenger-eps_f

みなさんがご存知のMicrosoft社が提供しているメッセンジャーです。

名前もずばり、Microsoft系列のポータルサイト「MSN」の名前を冠しています。

現在は名前を変えて、Windows Live メッセンジャーとなっています。こっちの名前もド直球ですね(笑)

 

他のサービスよりも出遅れたものの、Windowsマシンにプリインストールされていたこともあり(※2)徐々に浸透し大きなシェアを獲得していました。(※3

今は後述のSkypeを買収し、サービスを統合しています。

 

2:全てのWindowsマシンにプリインストールされていた訳ではありません、メーカー製だけだったように記憶しています?

3:あくまで筆者の肌感覚なので、明確な数値は分かりません。周辺のネットに詳しくない人が使い始めたなぁと感じた時期がありました。(2003年ぐらいから?)

 

 

・Skype

Skype_icon

2003年からサービス(※4)メッセンジャーとしてというよりは、音声チャットソフトとしてリリースされました。

「すげー、これで電話がタダでやりたい放題じゃん!」 となったのです。

ただ、当時の環境ではPCスペック、回線では快適な通話は難しく(※5)作業をながらでやるとフリーズしやすいといった問題がありました。

そのため筆者は、文字チャットでよい場合はメッセンジャーでやりとりし、音声チャットの際はTeamSpeakなどの専用クライアント、というように使い分けていました。

インストールはされているものの、あまり日の目を見ないソフトとして不遇の時代をすごしていました。

時代が変わり、PCスペックの向上と光回線の普及によって、そして何より前述の通り、MSNメッセンジャーとの事業統合(※6)によって一気に使う頻度が向上しました。

20164月現在、現役で使っているソフトウェアです。

 

 

4:参照URL  http://blogs.skype.com/2012/08/31/skype-1876alexander-graham-2/

5ADSLまでしか普及しておらず、ISDNのところもまだまだ多かったのです。丁度YahooBBが駅前で無料ルーターを配っていた時期ですね。

6MicrosoftSkype買収(2011年)

 

いかがでしたでしょうか、今回は筆者が使ってきたソフトを中心に紹介しましたが、

次回はこれら以外のメッセンジャーについて触れていきたいと思います。 (予定は未定です)

お楽しみに!!

 


<参考URL>

http://irc.nahi.to

http://windows.microsoft.com/ja-jp/messenger/messenger-to-skype