Prosperity and InSPIRE

最新技術レビューから時事ネタ、ユーモラスな小話まで、
幅広いコンテンツをPro-SPIRE独自の切り口で
発信していきます!

蹴鞠やろーぜ!

2016.04.26

弊社には様々な部活があります。

社員間の関係を深める事を目的に、会社が奨励する制度の一つです。

会社も新しい部活の設立を推奨しているので、日々社員は新しい部活のアイデアを出し合っています。

20150508111525

(※)出典1

「蹴鞠はどう?」

そんな一言から全ては始まりました。

なぜ、蹴鞠なのか? そもそも蹴鞠とは何なのか? 会社として蹴鞠部を設立した場合のリスクは?

等、クリティカルな疑問が多く発生したので、

DSC00707

DSC00709

「蹴鞠やろーぜ!検討委員会」を設置する事になりました!

DSC00710

DSC00717

議論はかなり盛り上がりました。

DSC00704

DSC00711

DSC00713

DSC00712

結果、蹴鞠について歴史的背景やルールなど、学習するに至りました。

DSC00721

DSC00715

DSC00720

 

 

 

 

 

 

 

しかし、結局原点に立ち返ると、「なぜ、蹴鞠なのだろう」という疑問に対する明確な答えは出ませんでした。

DSC00703

………………………………………………………………

「どうして蹴鞠なのだろう?」

「そもそも、はじめに蹴鞠って言ったのは何がきっかけでしたっけ?」

「確か●●君がフットサルをやっていたので、それで少し捻って蹴鞠にしたのでは?」

「いやいや、蹴鞠は日本古来からつたわる伝統芸なので、弊社もやるべきと誰かが言ったような…」

「ところで、蹴鞠のルールってわりと複雑ですね」

「これ、実際にやってみて楽しいのかな」

「蹴聖(伝説的蹴鞠プレイヤー 藤原成通 のこと)に、おれはなる!みたいなモチベーションはあっても良いのではないかな」

「衣装は必須ですかね。思っているよりお金かかるかも」

「夏にこの衣装はキツイですよね」

「でも、伝統衣装なしでやる蹴鞠って、公園とかで幼児がサッカーボールをもってやっている集団リフティングと変わらないのでは?」

「場所は必ず神社でなければいけないのかな。そうなると、神社ってレンタル出来るの?」

「蹴った鞠が神社の各所を破壊した場合のリスクはどうとります?」

「いや、セパタクローではないので、蹴鞠はそんな強く蹴らないと思いますよ」

「突き詰めると、労力に見合ったリターンがなかなか見えにくいスポーツかもしれませんね」

 

という訳で、1時間にわたる議論の末、蹴鞠部はやらないという事に決めました!

DSC00716

(° ꈊ °)✧˖°オホッ!

弊社はこれからも素敵な部活動を考え続けていきます!

〈了〉

出典1 : http://e-vis.hatenablog.com/entry/2015/05/14/233000